Adobe AnimateCCでサクッとHTML5 canvasアニメーションを作れた

Adobe AnimateCCって?

Adobe AnimateCCは昔ウェブ界を席巻していた、旧Flashです。
Flashと同じ感覚で、canvasアニメーションが作れるみたいです。
僕はスクリプト系はてんでダメなんで、GUIでcanvasアニメーションがサクッと作れるのは非常に助かります。
ただ、現状使用している人自体が少なく、スクリプトの記述方法action scriptと若干変わってたりしてノウハウがあまりなくて独学で勉強するしかないのはちょっと辛いところだと思います。時間をかけてじっくり学んでいこうと思います。

ただ、そのままだとIE10で表示されないので、create.jsのdevicePixelRatioを調整する必要があるそうです(元同僚に教えてもらった)。
animateでパブリッシュした際に出力されるscriptのvar canvas, stage, exportRoot;の前に、以下の記述をすればIE10でも表示できます。

if("devicePixelRatio" in window === false) {
	window.devicePixelRatio = 1;
}

一応検証した限りでは、以下のブラウザで動きました。

  • Chrome52+
  • Firefox48+
  • Safari9+
  • IE10+

canvasなのでスマホでも問題ないはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください